障害年金の基礎知識

アスペルガー障害で障害年金を申請する条件やポイントを社労士が解説

アスペルガー障害で障害年金を申請する条件やポイントを社労士が解説

アスペルガー障害は、広汎性発達障害の一種であり、社会的なコミュニケーションや行動に特異な特徴を持つ障害です。
そこで就業が難しい方、収入がなく生活が困難な方にについては、障害年金制度を利用することができます。
障害年金は適切な手続きすれば受給できるものなのですが、受給条件について正確な理解が必要とされいくつかのポイントがあります。

本記事では、アスペルガー障害の特徴や障害年金の申請に必要な情報を網羅し、障がい者とその家族がより支援を得るための手助けとなることを目指します。

こちらの記事でわかること

アスペルガー障害について詳しく解説

アスペルガー障害について詳しく解説

それではアスペルガー障害はどのような病気なのかをご紹介します。

アスペルガー症候群の特徴と症状

アスペルガー症候群は、自閉スペクトラム障害(ASD)に分類される障害であり、対人関係やコミュニケーションに特異な特徴を持ちます。
これは、古い診断名では「アスペルガー症候群」と呼ばれていましたが、現在では「自閉症スペクトラム障害(ASD)」という診断名で包括されています。

スペルガー症候群の特徴としては、以下のような点が挙げられます。

  • 社交的なコミュニケーションに苦労する
    他者との会話や非言語的なコミュニケーションに難しさを抱え、相手の感情を読み取ることが困難です。

  • 興味の強い領域と繰り返し行動
    特定のテーマに対して異常なほどの興味を示し、同じ行動を繰り返すことがあります。

  • ルーチンの重要性
    日常生活でのルーチンや予測可能なスケジュールを重視し、変化に対して不安を抱くことがあります。

  • 社会的相互作用の欠如
    他人との関係構築や友情の築き方が難しく、孤立することがあります。

これらの特徴がありつつも、アスペルガー症候群の人々は自分のペースを守り、コツコツと努力することができるポジティブな側面もあります

アスペルガー障害の診断と治療

アスペルガー症候群の診断は、専門の医師や精神科医によって行われます。診断には行動観察や発達の評価、家族や周囲の人々へのインタビューが含まれます。診断は複雑なプロセスであり、早期の診断と適切なサポートが重要です。

治療やサポートには個々の症状やニーズに合わせたアプローチが用いられます。一般的な治療法には以下のようなものがあります:

  • 行動療法
    社会的スキルの向上や問題行動の管理に焦点を当てた心理療法が効果的です。

  • 社会的スキルトレーニング
    相手とのコミュニケーションや友情形成など、社会的なスキルを向上させるためのトレーニングが行われます。

  • 環境の適応
    学校や職場などの環境を理解し、適応するためのサポートが提供されます。

  • 家族のサポート
    家族に向けた教育やサポートを通じて、家庭内の理解と支援が行われます。

アスペルガー症候群の人々は、専門家の適切なサポートと理解ある環境の中で、自己実現と社会的な成長を達成することができます

アスペルガー障害と診断されたら障害年金を申請しましょう

アスペルガー障害と診断され、日常生活をしていく上で困難で収入が減ってしまうという場合でも『障害年金制度』がありますので活用することをお勧めします。
まずは障害年金について理解しましょう。

障害年金とは?

障害年金は、病気やけがによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の方も含めて受け取ることができる年金の一つです。
障害年金には「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の2つの種類があります。
障害年金は、病気やけがによって障害が生じた場合に支給される年金で、障害によって生活や仕事に制限が生じた場合、障害者基本法に基づき、障害者の生活支援を行うために提供されます。
障害年金は、厚生労働省が所管する日本年金機構によって運営されています。

障害年金の種類と受給条件

障害年金には、障害基礎年金と障害厚生年金があります。
国民年金に加入していた場合には障害基礎年金が、厚生年金に加入していた場合には障害厚生年金が支給されます。
ただし、どちらの年金制度にも加入していた場合は、より有利な方の年金が支給される仕組みとなっています。
また、障害基礎年金は厚生年金よりも支給額が低いことが一般的です。
加入していた年金制度や障害の程度によって、受給する年金の種類や支給額が異なるため、個々のケースに応じて異なるサポートが行われます。

障害基礎年金

障害基礎年金は、国民年金に加入していた場合に受給することができる障害年金の一つです。
国民年金に加入していた場合は、障害が認定された時点から障害基礎年金の支給対象となります。
年金の納付期間や障害の程度に応じて支給額が変動します。

障害厚生年金

障害厚生年金は、厚生年金に加入していた場合に受給することができる障害年金の一つです。
厚生年金に加入していた場合は、障害が認定された時点から障害厚生年金の支給対象となります。障害の程度に応じて支給額が変動します。

アスペルガー障害と障害年金を申請する

それでは申請の方法や大事なポイントをご紹介します。

アスペルガー障害と障害年金の受給ポイント

障害年金を受給するためには、以下のような受給ポイントが考慮されます。

  • 障害の程度
    アスペルガー障害の程度が生活や労働に影響を及ぼしているかどうかが評価されます。
    病状や障害の重度が障害年金の受給資格に影響を与える可能性があります。

  • 労働能力
    アスペルガー障害の症状が労働能力にどのような影響を与えるかが評価されます。
    症状によって就業が困難な場合、障害年金の受給が考慮されることがあります。

  • 医師の診断
    アスペルガー障害の診断を受けた場合、医師の診断書が障害年金の申請に必要となります。
    医師の診断が受給資格に影響を与える重要な要素となります。

初診日と納付要件に関する注意事項

アスペルガー症候群の方に対する障害年金申請について、初診日や納付要件に関するポイントがあります。
初めて病院にかかった日が初診日となりますが、20歳前に初診日があれば「20歳前の障害基礎年金」の対象となり、20歳以降に初診日がある場合は、原則の障害基礎年金か障害厚生年金の対象となります。
申請時には、初診日証明が必要であり、納付要件も問われます。

  • 初診日
    障害年金の受給資格は、病気やけがによる障害が初めて医師の診療を受けた日から遡及して適用されることがあります。
    初診日が受給の重要なポイントとなります。

  • 納付要件
    障害年金を受給するためには、国民年金や厚生年金に加入していることが必要です。
    納付要件は障害年金の支給資格を判断するための重要な条件となります。

障害年金の申請手続きと必要な書類

障害年金の申請手続きについては、市や自治体によって異なる場合があります。一般的には以下の書類が必要とされることがあります。

  • 障害年金の申請書
    市や自治体の窓口で提供される障害年金の申請書に必要事項を記入し、提出する必要があります。

  • 医師の診断書
    アスペルガー障害の診断書を受診した医師から取得し、申請に添付します。
    診断書は障害の程度や状態を評価する上で重要な書類となります。

  • その他必要書類
    市や自治体によって異なりますが、国民年金や厚生年金の納付状況や本人確認書類などが必要とされることがあります。

障害年金の申請に関しては、正確な情報を提出することが重要です。
必要な書類の取得や手続きについては、市や自治体の年金担当窓口や障害年金に強い社労士などに相談することをおすすめします。

まとめ

障害年金は、障害の状態によって診査され、生活保障としての年金が支給される制度でアスペルガー症候群でも申請は可能です。。
今後は、アスペルガー症候群に関する理解や認知が進むとともに、障害年金の申請・受給においてもよりスムーズな手続きが期待されます。
制度や申請手続きについての情報をよく理解し、専門家のサポートを受けることでアスペルガー症候群を持つ個人が適切な障害等級を認定され、必要な支援を受けることができるようになるでしょう。
また、社会全体で発達障害に対する理解やサポート体制の整備が進むことで、障害者の自立支援や社会参加がより促進されることが期待されます。

せたがや障害年金支援センターはアスペルガー障害に対応している社労士です

これまでご自身で申請したけれど不受給だった、他の社労士事務所に相談したが断られたなどでお困りの方はぜひ当社までご相談ください。
アスペルガー障害をはじめ様々な症状でも障害年金申請から受給のサポートをしてきた実績があります。
まずはお電話、メールなどでお気軽にご相談ください。
相談料は無料です。

ご依頼・ご相談から受給まで

この記事を書いた人
丸橋 俊博
丸橋 俊博

世田谷区でNO.1の実績!豊富な経験で障害年金の申請をサポートをしている社労士です。

せたがや障害年金支援センターへご相談はこちら
よく読まれているコラム
ADHDで障害年金を受給する条件や方法
ADHD(注意欠陥多動性障害)で障害年金を受給する条件や方法を社労士が解説
障害年金に詳しくなれるコラム
国民年金保険料がスマートフォンで納付が可能に
広汎性発達障害で障害年金を申請する条件やポイントを社労士が解説