アスペルガー障害とうつ病が併発でも障害年金が受給できました

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
30代 女性
年齢
30代
性別
女性
都道府県
世田谷区
傷病名
アスペルガー障害

相談内容

私は病院でアスペルガー症候群の診断を受けました。
それが原因でコミュニケーションや社会的な相互作用に苦労し、さらに職場でのストレスが原因でうつ症も発症してしまいました。

サポート内容
決定した年金額
非公開

こちらのご相談者様はアスペルガー症候群の診断書と、うつ症状に関する診断書を添えて障害年金の申請を行いました。
また、彼女は職場の上司からの証言書も提出し、障害の影響が職場での業務に与える影響を補足しました。

その結果アスペルガー症候群の状態とうつ症状が相互に影響し、日常生活や就業に重大な支障をきたしていると認識され障害年金の受給資格が認められました。

他の事例
40代 女性
40代
女性
【事例紹介】40代の女性が乳がんに。障害年金申請から受給までの軌跡
50代 男性
50代
男性
慢性腎不全で、人工透析をしている
30代 男性
30代
男性
病名が多いが年金は受給できるのか
40代 男性
40代
男性
初診日の証明が出来ないができなくても障害年金が受給できた事例