アスペルガー障害で障害年金を受給できました

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
年齢
30代
性別
男性
都道府県
世田谷区
傷病名
アスペルガー障害

相談内容

私は、自閉症スペクトラム障害の一種であるアスペルガー症候群と診断されました。
症状の実感としてコミュニケーションや対人関係に苦労し、特定の興味に強いこだわりを持つ傾向がありました。
これにより、職場でのコミュニケーションや業務遂行に困難を抱えていました。

サポート内容

アスペルガー症候群の診断を受けた後、障害年金の申請をしようとされましたが、条件や書類に不明な部分が多くご相談をいただきました。
そこからサポートをさせていただき医師からの診断書と、障害の程度や影響に関する詳細な情報を集めることに成功し提出しました。
彼のアスペルガー症候群の状態が、日常生活や職場での就業に影響を及ぼしていると認識されたため、申請が認められました。

決定した年金額
非公開
他の事例
40代 男性
40代
男性
障害年金支給停止の回復
30代 男性
40代
男性
脳腫瘍から高次脳機能障害へ
30代 男性
40代
男性
職場のパワハラが原因でうつ病に。障害厚生年金2級を受給
30代 男性
30代
男性
病名が多いが年金は受給できるのか