障害年金の基礎知識

年金の相談は予約するとスムーズ! ネットと電話の予約方法をご紹介

年金相談・お手続きの際は予約するとお客様のご都合にあわせて、スムーズに相談できます!

こちらの記事でわかること

インターネットで予約する場合

夜間・休日にも、 相談の予約ができて、予約日前日にメールでお知らせが届きます。

ご予約はこちらから (翌々開所日以降の予約ができます。) 

スマートフォン・携帯電話

パソコン

 

インターネット予約の 受付時間 

土日祝日を含め毎日 

8:00~23:30 

※システムメンテナンスにより停止することがあります。 

 

令和6年1月より老齢年金に加え、 障害年金 遺族年金・未支給年金の相談がインターネットでも予約が可能になりました。
インターネット環境のない方は、下記の電話をご利用ください。 

お電話で予約する場合(翌開所日以降の予約ができます) 

0570-05-4890 

(R) 03-6631-7521 

電話予約の 受付時間 

月~金(平日) 8:30~17:15

※ 週明けはお電話がつながりにくいことがあります。 

ナビダイヤルは、通話料定額プランの対象外です。 

050から始まる電話または、 国際電話からおかけになる場合 (土日祝日、年末年始を除く) 

️ご予約の際は基礎年金番号がわかるもの(基礎年金番号通知書、年金手帳など)を お手元にご準備ください。 

  • 予約を利用できる相談・手続き 
  • 各種年金請求(一時金を含む)の手続き
  • 年金見込額・年金記録の確認 
  • 各種通知書の内容確認・再交付申請 
  • 年金の受取口座変更手続き 

請求書や届書のご提出は郵送も可能です。 

※ 年金見込額、年金加入記録の確認は 「ねんきんネット」もご利用ください。 

※ 各種通知書の内容確認、 再交付申請に関する相談・手続きは「ねんきんダイヤル」もご利用ください。 

「ねんきんダイヤル』 

0570-05-1165 

ナビダイヤル 050から始まる電話でおかけになる場合は(東京)03-6700-1165 

<受付時間> 

月曜日※ 8:30~19:00

火~金曜日 8:30~17:15 

第2土曜日9:30~16:00 

※ 月曜日が祝日の場合は、翌日以降の開所日初日 

※ 土日祝日(第2土曜日を除く)、年末年始はご利用いただけません。 

予約受付専用電話およびねんきんダイヤルを利用するお客様へ 

️ナビダイヤルは、一般の固定電話からおかけになる場合は、全国どこからでも市内通話料金でご利用 いただけます。ただし、一般の固定電話以外(携帯電話等)からおかけになる場合は、通常の通話料金がかかります。 

「(東京) 03-6631-7521」「(東京) 03-6700-1165」の電話番号におかけになる場合は、 通常の通話料金がかかります。 

️「0570」の最初の「0」を省略したり、 市外局番をつけて間違い電話になるケースが発生しています。 おかけ間違いにご注意ください。 

年金相談の予約でよくあるご質問

Q1 相談を希望する日の何日前まで予約を申し込むことができますか? 

A1 インターネット予約では相談を希望する日の前々日まで、予約受付専用電話では前日まで受付しています。 

Q2 年金事務所へ行くことが困難です。 代理の者が年金事務所で手続きすることはできますか? 

A2 代理の方のお手続きも可能です。その場合、ご本人からの委任状が必要です。 

○ 相談窓口にお持ちいただくもの 

  • ご本人からの委任状
  • 代理人の本人確認ができる書類(運転免許証、個人番号カードなど) 

※委任状の様式は日本年金機構ホームページに掲載しています。 ご活用ください。 

なお、委任状は記載項目をもれなく記入してください。

この記事を書いた人
丸橋 俊博
丸橋 俊博

世田谷区でNO.1の実績!豊富な経験で障害年金の申請をサポートをしている社労士です。

せたがや障害年金支援センターへご相談はこちら
よく読まれているコラム
自閉症スペクトラム障害で 障害年金を申請する
自閉症スペクトラム障害で障害年金を申請する条件やポイントを社労士が解説
ダウンロードできる 障害年金に必要な診断書 8種類の内容をご紹介
【ダウンロードできる 障害年金に必要な診断書】 8種類の内容をご紹介
広汎性発達障害で障害年金を申請する条件やポイントを社労士が解説