障害年金の基礎知識

障害年金受給にはなぜ初診日が必要になるのか?

障害年金の受給には初診日が必要であるかどうかについて説明します。
障害年金は、労働能力の障害によって収入が減少したり、仕事を続けることができなくなった人々を支援するための制度です。
初診日は、障害年金の申請および受給に関連して重要な役割を果たす日付ですが、初診日が特定できない場合でも、障害年金の受給は可能です。

こちらの記事でわかること

障害年金受給に必要な初診日とは?

 

障害年金は、労働能力の障害によって収入が減少したり、仕事を続けることができなくなった人々を支援するための制度です。
障害年金を受給するには、まず「初診日」と呼ばれる重要な日付が必要です。では、初診日とは具体的に何を指すのでしょうか?

初診日は、医師による初めての診断または治療を受けた日のことを指します。
つまり、労働能力の障害が確定され、その原因となる病気やケガが初めて診断された日です。
障害年金の受給資格を得るためには、この初診日が重要な役割を果たします。

障害年金の申請において、初診日は以下のような役割を果たします。

障害の発生日の基準


障害年金は、労働能力の障害が一定期間以上継続する場合に支給されます。
初診日は、その障害の発生日として扱われます。
つまり、初診日以降に障害が一定期間続いた場合に初めて障害年金の支給が可能となるのです。

診断書の根拠となる日付


障害年金の申請には、診断書が必要です。
この診断書には、初診日が明記されている必要があります。
初診日が診断書にない場合、申請は受け付けられないことがあります。
初診日は、診断書において労働能力の障害の発生日を証明する重要な要素となるのです。

障害年金の受給開始日の決定


障害年金の受給開始日は、初診日から数えて一定期間後に設定されます。
受給開始日以降、障害年金の支給が開始されます。
初診日が遅くなると、受給開始までの期間が長くなるため、早めに初診を受けることが重要です。

初診日は、医師による診断や治療を受けた日を指すため、以下のような場面で初診日が確定されることがあります。

  • 病院やクリニックで医師の診察を受けた日。
  • 整形外科やリハビリテーションセンターなどでの治療を受けた日。
  • 精神科や心療内科での初診や治療を受けた日。

初診日を確定するためには、医師の診察や治療を受ける必要があります。
初めて病院を受診する場合や診断を受ける必要がある場合には、早めに医療機関を受診することが重要です。
また、初診日が重要な役割を果たすため、診断書や医療記録に正確な初診日が反映されるように確認することも必要です。

障害年金の受給には、初診日の重要性があります。
初診日は、障害の発生日としての役割を果たし、診断書の根拠となり、受給開始日の決定にも関与します。
早めに医師の診察や治療を受け、初診日を確定させることは、障害年金の受給において重要なステップです。

初診日がわからないと障害年金は受給できないのか?

 

初診日がわからない場合でも、障害年金の受給は可能です。初診日がわからない場合には、以下のような手続きや対応があります。

医療機関の協力を得る


初診日を正確に特定するために、まずはかかりつけの医師や病院に相談しましょう。医師や医療スタッフは、診察記録や過去の診療情報をもとに、初診日を特定するための手助けをしてくれる場合があります。

証拠を提出する


初診日が特定できない場合でも、他の証拠や書類を提出することで、障害の発生日や継続期間を示すことができます。たとえば、過去の医療記録や診断書、治療に関する領収書、薬の処方箋など、障害の証拠となる書類を収集し、申請時に提出することが重要です。

専門家の助言を仰ぐ


初診日が特定できない場合には、社会保険労務士や弁護士などの専門家に相談することも有益です。
専門家は適切なアドバイスや手続きのサポートを提供し、初診日の特定に向けて適切な対策を講じることができます。

障害年金の申請では、初診日が重要な要素とされていますが、それが特定できない場合でも、他の証拠や医療情報を提出することで受給の可能性があります。
重要なのは、障害の発生日や継続期間を証明するための資料や証拠を集め、申請時に適切に提出することです。
障害年金の受給に関しては、個々のケースによって異なるため、具体的な状況に基づいて専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

この記事を書いた人
丸橋 俊博
丸橋 俊博

世田谷区でNO.1の実績!豊富な経験で障害年金の申請をサポートをしている社労士です。

せたがや障害年金支援センターへご相談はこちら
よく読まれているコラム
ダウンロードできる 障害年金に必要な診断書 8種類の内容をご紹介
【ダウンロードできる 障害年金に必要な診断書】 8種類の内容をご紹介
アスペルガー障害で障害年金を申請する条件やポイントを社労士が解説
アスペルガー障害で障害年金を申請する条件やポイントを社労士が解説
ADHDで障害年金を受給する条件や方法
ADHD(注意欠陥多動性障害)で障害年金を受給する条件や方法を社労士が解説