【事例紹介】40代の女性が乳がんに。障害年金申請から受給までの軌跡

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
40代 女性
年齢
40代
性別
女性
都道府県
世田谷区
傷病名
乳がん

相談内容

乳がんになったので障害年金を申請したい

サポート内容

乳がんが転移し、動く事が出来ず、当事務所で全て完全にフォローしました。

決定した年金額
障害年金 2級 140万円

(世田谷区 KY様)40代女性が乳がんで障害年金を申請した体験談をご紹介

今回は乳がんと診断され、障害年金を受給に成功されたご依頼者様の体験談をご紹介させていただきます。
こちらのご依頼者様が乳がんとの闘い、そして障害年金を受給するために歩んだ道のりについてお話しし、同じような状況に直面している方々に役立つ情報を提供したいと思います。

乳がんは、診断されると生活に大きな影響を及ぼす可能性がある厳しい疾患です。
しかし、障害年金はそのような状況で支えとなり、経済的な安心感を提供してくれる重要な手段です。

この情報が、乳がんで闘っている方々やその家族にとって役立つものになることを願っています。

乳がんの診断と治療

乳がんの診断されると、日常生活に大きな変化をもたらします。
ここでは、KY様が乳がんと診断された経緯や、治療の過程について詳しくお話しします。

乳がんの診断

数年前、定期健康診断の一環としてマンモグラフィーを受けました。その結果、右乳房に異常が見つかり、追加の検査が行われました。
その後の生検で、私は乳がんと診断されました。

治療プロセス

乳がんの治療は、個人によって異なる場合がありますが、KY様の場合は以下の治療をされています。

  • 手術: 乳房温存手術が最初に行われました。幸い、がんの早期発見だったため、乳房を一部切除するだけで済みました。手術は成功し、がんが取り除かれました。

  • 化学療法: 手術後、私は化学療法を受けることになりました。化学療法は、がん細胞の再発を防ぐために行われるもので、副作用が強烈で体力を奪うものでしたが、がんの再発リスクを減少させるためには必要な治療でした。

  • 放射線療法: 化学療法の後、放射線療法が行われました。これは手術の後にがん細胞が残っているかもしれない領域に対して行われ、がん細胞をさらに減少させる役割がありました。


治療を経て、がんの再発の兆候は見られず、現在は生活を取り戻すことができていらっしゃいます。

障害年金とは何か?

障害年金は、健康状態が労働に支障をきたし、通常の職務を遂行することが難しい場合に支給される社会保障給付金の一つです。

障害年金の基本概要:

  • 障害年金は、労働力が制約された際に受け取ることができる給付金です。
  • 障害年金の支給額は、障害の程度や年齢、収入などに基づいて計算されます。
  • 障害年金は、障害が長期間または永続的である場合に支給され、障害の程度に応じて障害等級が設定されます。

乳がん患者が障害年金を受給するための条件と要件

乳がん患者が障害年金を受給することは可能です。
ただ、以下の条件と要件を満たす必要があります。

  • 医師の診断: 乳がんの診断は、専門医によって確認されたものである必要があります。医師の診断書が必要です。

  • 労働能力の制約: 乳がんにより労働能力が制約され、通常の職務を遂行することが難しいことを示す必要があります。これは医師の診断書によって支持される必要があります。

  • 障害等級の評価: 障害等級が設定され、その程度に基づいて障害年金の支給額が計算されます。医師の診断や検査結果に基づいて障害等級が評価されます。

  • 所得制限: 一部の国や地域では、収入が一定の制限を超えている場合に障害年金の支給が制限されることがあります。

障害年金の申請は複雑で、必要な書類や証拠を集めないといけないので大変です。
そのため担当医や私たちのような社労士からのアドバイスを受けながら、適切に申請を進めないととても時間がかかってしまいます。

障害年金申請プロセス

それでは障害年金を申請するための一般的な手続きと、支援機関や医師の証明書の役割について説明します。

医師の診断と証明書

  • 障害年金の申請プロセスの最初のステップは、専門医による診断と証明書の取得です。乳がんの診断や治療の詳細な情報を提供し、医師に障害の程度を正確に評価してもらいましょう。
  • 医師の診断書は、乳がんの種類、ステージ、治療の詳細、および労働能力への影響について記載されている必要があります。この証明書は申請の中心的な要素です。

申請書の提出

  • 申請書は地元の社会保障機関や年金局に提出する必要があります。必要な書類と情報は申請書と共に提供されるでしょう。
  • 申請書は慎重に記入し、正確な情報を提供することが重要です。誤った情報や不足した情報は申請の遅延や却下の原因となります。

書類と証拠の提供

  • 申請に必要な書類や証拠を提供することが求められます。これには医師の診断書、病歴、治療の記録、収入証明、身分証明書などが含まれます。
  • 書類や証拠の提供は正確かつ完全でなければなりません。これらは申請の根拠となり、障害の程度を評価するために使用されます。

審査と評価

  • 申請書と提供された証拠は、社会保障機関や年金局によって審査されます。医師の診断書と障害等級に基づいて、申請者の障害年金の資格が評価されます。
  • 審査プロセスは時間がかかることがありますので、忍耐が必要です。しかし、正確な情報とサポートを提供することで、成功のチャンスが高まります。

社労士などの専門家の協力

  • 障害年金の申請は複雑なプロセスであり、法的アドバイスや専門家の協力が役立つことがあります。社労士などの支援を受けることを検討してください。
  • また、支援団体や地元の社会サービス機関が提供する情報やガイダンスを活用することも大切です。

障害年金の申請は、専門家のサポートを受けることが成功の鍵です。
自身の状況をよく理解し、必要なステップを遵守することで、障害年金の受給に向けて前進することができます。

KY様の実際の障害年金申請方法

KY様の障害年金申請は、乳がんとの闘いが終わった後に始めました。
以下は、KY様が障害年金を申請する過程で経験したことと、その詳細です。

医師の診断書の入手

最初のステップは、医師の診断書を入手することでした。KY様の主治医は、乳がんの診断から治療までの詳細をまとめた書類を提供してくれました。
これは後で障害年金の申請に必要な重要な文書となりました。

社会保障機関への申請

医師の診断書を手に入れた後、年金事務所に障害年金の申請書を提出しました。
申請書の記入には時間がかかりましたが、医療記録と共に提出することで、審査のための根拠を提供できました。

審査と評価

申請書と証拠が提出されると、審査が始まりました。
KY様の場合、審査には約3か月かかりました。

追加情報の提供

審査中、追加の情報や質問がありま、医療記録や診断書のコピーなど、追加の証拠を提供しました。

承認と障害年金の受給

審査が完了し、KY様の障害年金申請が承認されました。
障害年金の支給額は、私の障害等級と年齢に基づいて計算されています。

障害年金の受給したことで感じた生活への影響

障害年金を受給することは、たくさんのメリットがあります。KY様波動感じられたのでしょうか。

金銭的な支援

障害年金の支給により、経済的な負担が軽減されました。
乳がん治療には多くの医療費がかかり、仕事を休むことが増えたため、収入が減少していました。
障害年金は、生活費や医療費のカバーに大いに役立ちました。これにより、家計の安定性が回復し、生活の質が向上しました。

精神的な安心感

障害年金の受給は、精神的な安心感を提供しました。
乳がんとの闘いは身体的にも精神的にも過酷で、経済的な不安を抱えることはさらにストレスを増加させる要因でした。
しかし、障害年金を受給することで、生活の安定性が確保され、治療やリハビリテーションに専念できるようになりました。

生活の改善

障害年金を受給したことで、生活の質が向上しました。
これまでの生活ではできなかった、リラックスした休暇や健康的な食事への投資など、健康と幸福に焦点を当てた選択が可能になりました。
また、家族や友人との時間を大切にし、積極的に社会活動に参加することもできました。

自己信頼心の回復

障害年金の受給は、私の自己信頼心の回復にも貢献しました。
がんとの闘いは自己価値観に影響を及ぼすことがありますが、経済的な安定感が戻ったことで、自分自身に対する信頼感が高まりました。これは治療と回復において非常に重要な要素でした。

障害年金は、乳がんとの闘いから立ち直るために欠かせないサポートであり、私の生活に大きな影響を及ぼしました。経済的な安心感と精神的な支えが、私の回復と新たな人生の始まりを可能にしました。
そして、これらの経験から、障害年金の受給が他の患者や家族にも同様の希望と支えを提供できることを願っています。

社労士からのアドバイスと注意点

最後に、乳がん患者やその家族に向けて、障害年金の申請に関するアドバイスと注意点をご紹介します。

専門医の診断と記録の保持

まず最初に、専門医の診断書と治療記録を正確に保管してください。
これらの文書は障害年金の申請に不可欠です。
治療の詳細と医師のサポートがあれば、申請がスムーズに進行しやすくなります。

早めの行動

障害年金の申請は時間がかかることがあります。
そのため、早めに行動を起こし、必要な書類を整理して申請プロセスを開始しましょう。
遅延することなく行動することは重要です。

社会保障専門家や弁護士の協力

障害年金の申請は複雑なプロセスであり、社労士の協力が役立つことがあります。
特に審査の際に、適切な文書を提供し、アピールプロセスをサポートいたします。

支援団体や地域のリソースを活用

ご自身で申請をしたい場合は、地域の支援団体や社会サービス機関は、障害年金に関する情報やアドバイスを提供しているとこがあります。

これらを積極的に活用し、申請プロセスを理解しましょう。

書類の正確な記入と提供

申請書や提出書類を正確に記入し、必要な情報を提供することが重要です。誤った情報や不足した情報は審査の遅延や却下の原因となります。

忍耐強さと希望を持つ

障害年金の申請は時間がかかることがあり、ストレスを伴うこともあります。
しかし、忍耐強さを持ち続け、希望を持ち続けることが重要です。成功のチャンスを逃さないようにしましょう。

障害年金の申請は、乳がん患者やその家族にとって重要な支援手段です。正確な情報提供と適切なサポートを受けつつ、これらのアドバイスを参考に、経済的な安心感を得るためのステップを踏んでください。そして、この経験を通じて、健康と幸福を取り戻す一助となることを願っています。

他の事例
30代 女性
10代
女性
初診日がわからなくても障害年金を受給できた
20代 女性
20代
女性
交通事故による高次脳機能障害と診断され障害年金を申請
30代 女性
30代
女性
アスペルガー障害とうつ病が併発でも障害年金が受給できました
30代 男性
40代
男性
職場のパワハラが原因でうつ病に。障害厚生年金2級を受給