慢性腎不全で、人工透析をしている

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
50代 男性
年齢
50代
性別
男性
都道府県
世田谷区
傷病名
慢性腎不全

相談内容

糖尿病を会社の健康診断で指摘されていたが、その後病院に行かなかったため、気がついた時は即透析となったため、審査時に難航。

サポート内容
決定した年金額
厚生年金 2級 180万円

糖尿病や高血圧を長年放置して気がついた時もう腎不全ですといわれる人は実に多い。この事例で初心と納付要件は軽くパスし、障害程度も2級ときているので、一見簡単な案件と思いがちであるが、審査に入ってからの照会は半端ではなかった。そのため、審査終了まで6か月を要した。

他の事例
30代
男性
硬膜外血腫により右半身麻痺。最近記憶がなくなる。
30代 男性
40代
男性
脳腫瘍から高次脳機能障害へ
40代
男性
幼少期から人間関係の問題が指摘されていた
50代
女性
腎臓透析の記録がでてきたので申請