【糖尿病】腎不全で透析中 障害年金受給までの流れ

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
50代 男性
年齢
50代
性別
男性
都道府県
武蔵野市
傷病名
腎不全

相談内容

30代で糖尿病と診断されたが、以後受診せず。2年前に再受診して直ちに透析となった。「障害年金を学ぶ会」に参加され相談の上依頼となった。

サポート内容
決定した年金額
障害厚生年金 2級 170万円

30代を初診とし平成27年受診を社会的治癒による初診日とし認定日請求して受理された。30代は経過観察だったので受診はしたが服薬等はなかった。

その為以後受診していなかったとの事であった。

他の事例
30代 男性
40代
男性
うつ病か発達障害が不明でも相談したら障害年金を受給できた
40代 女性
40代
女性
初診のクリニックでの診断書の記述が誤っている
30代 女性
30代
女性
当事務所が発達障害の取扱いが多い事を聞いて相談を決意
30代 男性
30代
男性
硬膜外血腫により右半身麻痺となり最近は記憶がなくなる