幼少時にADHDと診断。仕事が続かない

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
30代 女性
年齢
30代
性別
女性
都道府県
世田谷区
傷病名
発達障害

相談内容

幼少時にADHDと診断さたが、頭の能力は問題なく大学まで行った。仕事は就職するものの短期間で辞めている。見た所もおかしくないので年金の対象になるか相談に来られた。

サポート内容
決定した年金額
障害基礎年金 2級 80万円

発達障害の方は見た目は健常者と変わりない方が多く高学歴の方も多い。この方もその一人であるが、その場の「空気」が読めない為、同僚達と馴染めない事もあって同僚から仕事のアドバイスが受けられない為、仕事の習得遅い。その事を証明する必要があるので会社の上司からヒアリングをして、いかに普段の生活が困難であるかを立証した。

他の事例
30代 女性
30代
女性
当事務所が発達障害の取扱いが多い事を聞いて相談を決意
30代 男性
30代
男性
初診日の判断が微妙だった
40代 女性
渋谷区
女性
発達障害が疑われた
30代 女性
30代
女性
2年前に支給停止となり解除してほしい