短期の就労しか出来なくて困っていた

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
30代 女性
年齢
30代
性別
女性
都道府県
杉並区
傷病名
発達障害

相談内容

短期の就労しか出来ない。就労回数は30回以上ある。成人になってから受診した。母親からの依頼

サポート内容
決定した年金額
障害基礎年金 2級 80万円

幼少期は健全な生活を送っていた。多動性は認められたが、異常とは感じなかった。成人してハローワークで発達障害を疑われた。就労回数が多かったので記憶を掘り起こすのに時間がかかった。

他の事例
40代 男性
40代
男性
【事例紹介】うつ病3級と診断されたのに障害年金がもらえないかもしれない
30代 男性
30代
男性
硬膜外血腫により右半身麻痺となり最近は記憶がなくなる
30代 女性
30代
女性
幼少時にADHDと診断。仕事が続かない
20代
男性
軽度知的障害と発達障害で障害年金受給ができるか