病名が多いが年金は受給できるのか

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
30代 男性
年齢
30代
性別
男性
都道府県
世田谷区
傷病名
解離性障害・気分変調症・ADHD

相談内容

解離性障害・気分変調症・ADHDと病名が多いが障害年金は受給出来るか

サポート内容
決定した年金額
基礎年金 2級 400万円

病名が多く、入院歴も多い方の手続きが一番緊張します。解離性障害や気分変調症、ADHDと病名は多いのですが、年金の対象とみると皆弱い。病状は入院歴が度々なので相当重い事は理解できます。本人も大変辛い思いをしておられると察するに余りあるのですが、年金にはなかなか結びつかない所が苦しいところです。解離性障害は多重人格の様なもので、今まで経験した人格をノートに書き留めておられ、その数は100くらいあったでしょうか。私はそのノートを証拠として提出しました。

他の事例
20代
男性
軽度知的障害と発達障害で障害年金受給ができるか
50代
男性
くも膜下出血による下半身麻痺が証明できない
50代 男性
50代
男性
50代男性 うつ病の障害年金受給事例
30代 女性
30代
女性
2年前に支給停止となり解除してほしい