初診日の判断が微妙だった

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
30代 男性
年齢
30代
性別
男性
都道府県
世田谷区
傷病名
双極性障害

相談内容

患者・家族会に相談した所、当事務所を紹介された

サポート内容
決定した年金額
厚生年金 3級 400万円

10年前に仕事の事でうつ状態になったが、最初は耳鼻科と内科を受診していた。耳鳴りや腹痛のために受診していたが、この人は医者をあちこち渡り歩く「くせ」があり、学芸大学前のクリニックに立ち寄った処、内科と神経内科が専門だった。本人は精神病と言われた事がなかったが、そこの医院では不安障害と診断され耳鳴りや腹痛もそれが原因とされた。初診証明には「前医あり」と書いてあったが紹介で精神科を受診した訳でもないので、「精神病と診断したのは当院が初めて」と書いてもらった。結果受給出来たが、それが認められたかどうかは疑問に思っている。この案件の場合どこを取っても厚生年金の期間であった事が幸いしたか。

他の事例
10代
男性
会社と家庭内のストレスで不眠と抑うつ状態となり会社にいけないため、障害年金を申請
20代
男性
集中力が低下し倦怠感を訴え、幻聴が聞える様に
50代
女性
【導入事例】出産の影響で股関節症に加え両変形性膝関節症に。障害年金を申請は可能か?
50代 男性
50代
男性
脳出血