障害年金申請時に初診時の記憶が無く証明するのに苦労した

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
30代 女性
年齢
40代
性別
女性
都道府県
三鷹市
傷病名
統合失調症

相談内容

20歳後半に発症。一人で生活している時で初診時の記憶が無く請求不可と思われた。父と「障害年金を学ぶ会」に参加された。

サポート内容
決定した年金額
障害厚生年金 3級 170万円

障害年金申請時に、多くのクリニックに電話をして1~2回受診を繰り返している為、過去の受診歴の記憶が無い。現在の病院をスタートし、父母が薬の袋等で見た事のあるクリニックを年譜の中にクリックする方法で過去に辿っていった。その病院やクリニックに電話をして、その都度初診証明を取ってカルテから前医を探した調査に3ヶ月かかった。年金保険料は母が払い続けていた為、請求出来た。

他の事例
40代 女性
40代
女性
2年前にペースメーカーを入れたがその後も入退院を繰り返す
30代 女性
30代
女性
1歳半での健診で知的障害が指摘される
50代 男性
50代
男性
【事例紹介】仕事が原因でうつ病になったのに会社が辞めさせてくれない。就業しながらでも障害年金を受給できるのか?
30代 女性
30代
女性
アスペルガー障害とうつ病が併発でも障害年金が受給できました