【事例紹介】うつ病3級と診断されたのに障害年金がもらえないかもしれない

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
40代 男性
年齢
40代
性別
男性
都道府県
世田谷区
傷病名
うつ病

相談内容

診断書の内容は3級にならないレベルに関わらず、仕事中にダウンして早退を繰り返していた。

サポート内容

診断の内容と症状に差があることに疑問を感じましたので、診断書を書いた医師に再度接触を図りました。
確認したところ、担当医はその都度、会社には休まさねばならないといった診断書を出してくれていました。
しかし診断書の文言は、労務の継続は困難と明確に記載されていなかったので、申請書に現在就業できない旨をしっかりと書くことで受給まで至りました。

決定した年金額
他の事例
30代 男性
30代
男性
硬膜外血腫により右半身麻痺となり最近は記憶がなくなる
50代 女性
50代
女性
支給停止した事による再支給の依頼
40代 男性
40代
男性
パーキンソン病で障害年金受給
50代
男性
くも膜下出血による下半身麻痺が証明できない