40代男性 うつ病の障害年金受給事例

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
40代 男性
年齢
40代
性別
男性
都道府県
府中市
傷病名
うつ病

相談内容

電話ケーブル設置業務に8年間就いていたが、夜勤から昼勤に連続して働く様になり疲労が蓄積する様になるとかえって夜が眠れなくなった。加えて高圧的な上司の口による暴力と同僚間のいざこざから次第に体調を崩した

サポート内容
決定した年金額
障害厚生年金 2級 600万円

希死念慮が強くなり自殺未遂に至り入院をすすめたが、本人の頑強な拒否に会い、現在は1週間に1回の通院をしていますが、母がいつも付き添っています。

他の事例
20代 女性
20代
女性
自閉症を患っていて暴力的になる事がある
10代
男性
会社と家庭内のストレスで不眠と抑うつ状態となり会社にいけないため、障害年金を申請
20代 女性
20代
女性
知的障害、てんかん、広汎性発達障害で悩んでいたが障害年金を受給できた
30代 男性
30代
男性
がんで3級不支給について審査請求