50代男性 うつ病の障害年金受給事例

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
50代 男性
年齢
50代
性別
男性
都道府県
福島市
傷病名
うつ病

相談内容

原発で働いていたが、大震災の時の過労と精神的負担でうつ病を発症した。

サポート内容
決定した年金額
障害厚生年金 2級 510万円

請求は難しくはなかった。初診も明確で現在の症状も重かったので、請求はスムースに行った。しかし、抑うつ症状で覇気のない顔を見てこの方の苦悩を感じ「何とかこの人の為になる事をしなければ」と強く感じた。

他の事例
40代 女性
40代
女性
初診のクリニックでの診断書の記述が誤っている
50代 男性
50代
男性
【事例紹介】仕事が原因でうつ病になったのに会社が辞めさせてくれない。就業しながらでも障害年金を受給できるのか?
50代
男性
くも膜下出血による下半身麻痺が証明できない
30代 女性
30代
女性
自分で請求をしたが不支給となり「障害年金を学ぶ会」に参加