がんで3級不支給について審査請求

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
30代 男性
年齢
30代
性別
男性
都道府県
世田谷区
傷病名
肺がん

相談内容

自分で請求したが、不支給となった。

サポート内容
決定した年金額
厚生年金 3級 60万円

肺がんから背骨に転移していた。しかし自分で請求されたが3級不合格となったので依頼があった。そこで背骨状態をX線、MRIなどの画像を添付し、主治医の所見として労働はおろか通勤途中の満員電車で押されただけでも骨折の恐れがある旨、記述していただき提出。審査請求を出して1か月位で不支給を撤回する旨電話があった。私自身急性肺炎にかかり、40度を超す熱があったが順天堂まで診断書を貰いに行ったので、記憶に残る事案でした。

他の事例
50代 女性
50代
女性
支給停止した事による再支給の依頼
30代 女性
30代
女性
発達障害に加え、知的障害がある
50代 男性
50代
男性
【障害年金の申請を失敗した事例】自分で障害年金の更新をしたら2級から3級へ
30代 女性
20代
女性
自閉症を患っていて暴力的になる事がある