腎不全で障害年金受給

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
40代 男性
年齢
10代
性別
男性
都道府県
世田谷
傷病名
腎臓透析

相談内容

腎不全だったが病院に行かず仕事一筋の兄を心配して相談に来られた

サポート内容
決定した年金額
障害厚生年金 3級 170万円

会社の健康診断でいつも指摘があるが病院には行っていなかった。しかしよく聞いてみると1年前に行った事があり、そのデーターを見ても透析を必要とする状態であったので主治医と相談をし主治医からも妹さんからも説得をしてもらった。仕事は以前の様な営業は出来ず内勤になっておりしかも体調が悪く仕事を休んでいた為給料は下がっていた。私からは年金の効用を話をしてやっと透析を始めた。週3回必要とするところ2回しか来ていない様で最後まで大変な依頼だったが妹さんからは感謝された。

他の事例
40代 女性
40代
女性
発達障害が疑われた際の障害年金事例
30代
男性
硬膜外血腫により右半身麻痺。最近記憶がなくなる。
40代 女性
30代
女性
知的障害で再申請
20代
男性
軽度の知的障害で以前請求したが不支給だった