軽度の知的障害と自閉症があり、障害者枠で勤務している

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
20代 女性
年齢
20代
性別
女性
都道府県
世田谷区
傷病名
知的障害・自閉症

相談内容

軽度の知的障害と自閉症があるが、障害者枠で勤務しているため、請求が難しいと判断し、依頼となった。

サポート内容
決定した年金額
厚生年金 2級 240万円

特に知的障害で就労している人は、生活面で困難性は少ないと判断されるので、不支給となることが多い。この場合、診断書が重く書かれていても、同様である。したがって対策は、病歴就労状況中立書の中身が重要となるので注意が必要である。

他の事例
30代 女性
40代
女性
障害年金申請時に初診時の記憶が無く証明するのに苦労した
50代 男性
50代
男性
会社と家庭内のストレスで不眠と抑うつ状態となり障害年金を受給できた
30代 男性
30代
男性
硬膜外血腫により右半身麻痺となり最近は記憶がなくなる
30代 男性
40代
男性
職場のパワハラが原因でうつ病に。障害厚生年金2級を受給