軽度知的障害と発達障害で障害年金受給ができるか

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
年齢
20代
性別
男性
都道府県
三鷹市
傷病名
発達障害

相談内容

軽度知的障害と発達障害があるが、就労期間が長く、障害年金の受給が困難と考え依頼となった。

サポート内容
決定した年金額
障害基礎年金 2級 78万円

知的障害と判断されたのは、最近で幼少期は発達障害の症状が強かった。職場訪問をした結果現在の就労状況について同僚との交流はなく、管理者から指示されても従わないし、理解していない為、新たに専属のジョブコーチが付いたが、職場での適応力は低い事が分かった。

他の事例
50代 男性
50代
男性
会社と家庭内のストレスで不眠と抑うつ状態となり障害年金を受給できた
50代
男性
双極性障害のお悩みのご家族より
40代
男性
腎不全が悪化し、診断後すぐに透析に
30代 女性
20代
女性
幼少より施設で育った為、過去の経緯を証明するのに時間がかかった