パーキンソン病で障害年金受給

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
40代 男性
年齢
40代
性別
男性
都道府県
傷病名
高次脳機能障害

相談内容

パーキンソン病を主訴にして相談に来られた

サポート内容
決定した年金額
障害厚生年金 2級 210万円

パーキンソン病は重症には見えなかったが、むしろ発語が困難である事が第一印象だった。少し話をしていると病気の変遷があやふやで辻褄が合わない事に気がついた。パーキンソン病が原因であるが、高次脳機能障害で請求できないかと考え専門医のいる慈恵第三病院を紹介した。MRIの画像から病名は高次脳機能障害である事がわかった。パーキンソン病では請求出来ないので帰ってもらうところ、一人の人を救えたと云う喜びが大きかった。

他の事例
20代 女性
20代
女性
軽度の知的障害と自閉症があり、障害者枠で勤務している
50代 男性
50代
男性
脳出血
30代 女性
40代
女性
「周りの人が自分の悪口を言っている」と感じ統合失調症と診断され障害年金を受給
50代
男性
くも膜下出血による下半身麻痺が証明できない