発達障害が疑われた際の障害年金事例

当社で解決した事例紹介
ご相談者様
40代 女性
年齢
40代
性別
女性
都道府県
渋谷区
傷病名
発達障害・双極性障害

相談内容

自分は発達障害ではないか

サポート内容
決定した年金額
障害年金(基礎年金)2級 78万

2年前に相談に来られた時は、双極性障害だったが、就職してもすぐに辞めさせられる事に発達障害ではないかと疑問を持たれた。本人の気持ちを尊重し請求を中止し東大病院での判断を待った。

他の事例
40代
女性
2年前にペースメーカーを入れたがその後も入退院を繰り返す
40代 女性
30代
女性
知的障害で再申請
30代 女性
40代
女性
障害年金申請時に初診時の記憶が無く証明するのに苦労した
50代
男性
双極性障害のお悩みのご家族より