受給事例

腎不全が悪化し、診断後すぐに透析に

相談者の状況

年齢:40代 男性

傷病名:腎不全

相談内容:会社の健康診断で腎不全の値が悪いことを指摘されたが、医者にはかかったことがなかった。そのうち、会社が業績不振で倒産し、気がついた時には症状が進行しており、即透析をしなければならなくなった。

決定した年金額:厚生年金 2級 150万円

当センターでのサポート内容

急性肝炎を若い時にかかっていた。また、高血圧が若い時からあったので、因果関係が疑われ、採択されるのに時間がかかった。