平成27年9月19日(土)千歳烏山駅前の烏山区民センターにて

多くのお客様に、お越しいただいて誠にありがとうございました。

おかげさまで無事に終えることができました。

 

また、今回セミナーにお越しいただけなかったお客様においては

今月や来月とセミナーを行っておりますので都合のいい日にお越しくださいませ。

9/19障害年金を学ぶ会

本日は多発性硬化症について説明します。

多発性硬化症とは

多発性硬化症は中枢神経系の脱髄疾患の一つです。私達の神経活動は神経細胞から出る細い電線のような神経の線を伝わる電気活動によってすべて行われています。家庭の電線がショートしないようにビニールのカバーからなる絶縁体によって被われているように、神経の線も髄鞘というもので被われています。この髄鞘が壊れて中の電線がむき出しになる病気が脱髄疾患です。この脱髄が斑状にあちこちにでき(これを脱髄斑といいます)、病気が再発を繰り返すのが多発性硬化症(MS)です。