受給事例

強迫性障害の事後重症で請求

相談者の状況

年齢:30代 女性

傷病名:うつ病

相談内容:初診は約10年前であった。証券会社に勤務中にうつ病を発症した。最初は強迫性障害だった。

決定した年金額:厚生年金 2級 180万円

当センターでのサポート内容

入院歴は無かったが、長期療養後の復帰の繰り返しであり、現在は病気休業中。問題は現在も強迫性障害かどうかが「カギ」であったが、主治医からはうつ病に遷延していると考えられるとの見解であった。従って認定日当時は神経症であったと判断出来たので事後重症で請求した。