受給事例

パーソナリティ障害でも請求できるという意思に苦労した

相談者の状況

年齢:30代 女性

傷病名:パーソナリティ障害

相談内容:うつ病で会社を休んでいる人の請求

決定した年金額:厚生年金 3級 120万円

当センターでのサポート内容

大学病院の精神科にかかっている女性からの依頼でうつ病という事だったので、極めて簡単な請求と思っていた。主治医に面会した時に医師から病名はパーソナリティ障害と言われた。医師にうつ病は併発していないか聞いたところ、うつ病も認められるが診断書には病名は一つしか書けないので二次的なうつ病は記入しないと言われた。そこで年金機構の書き方ガイドを見せて予備欄に記入をお願いしたところ「パーソナリティ障害」も精神病なので障害年金が通らない訳がない。私が説明するから、役人に電話をさせなさいと言って譲らなかった。

依頼者と相談して請求したが、却下となった。

医師にその事を話したところ、ようやく承諾して「パーソナリティ障害」と「うつ病」を併記していただき請求となった。2回目の請求は3級で受給できた。請求者の家族からは安どの声が聞かれたが、依頼があって1年以上経過しており、私自身は全く喜べない事案だった。