初診証明が震災でなくなってしまった為、初診日が特定できなくなった障害年金の申請に大阪地裁は原告の言い分を認めた記事が出ておりました。国は判決を受け入れましたので判決は確定しました。震災という特殊な事情があったとはいえ、画期的な判決だといえます。今後の審査にどういう影響が出てくるのでしょうか。注目されるところです。