出身:京都市

学歴:昭和46年大阪府立大学経済学部卒

職歴:昭和46年(株)ワコールに入社

平成18年 ワコール 退職

平成18年 社会保険労務士事務所丸橋年金塾開業

平成21年 世田谷障害年金支援センター開設

仕事への取組み

定年と同時に社会保険労務士を開業しましたが立ち位置は「町の年金おじさん」と言われるような仕事がしたい。私はたまたま、会社の社宅がこの世田谷の北烏山にあったため、終の棲家をこの地にしましたが今後は町のお役に立ちたいしそのような仕事が出来ないか。そのように考えていたところ平成21年ごろたまたま家の近くで心の病で困っている方を知り障害年金を手続をしてあげました。その後すぐに同じく弟さんが心の病なのだが障害年金の手続きに年金事務所に行ったが初診日の証明が出来ないという事で「無理ですね」と言われた人からの相談が舞い込んできました。運よく初診日の証明が出来年金受給に結び付き大変喜んでいただきましたが私自身自信が付き、仕事への興味を感じ現在に至っています。昨年「地域型年金委員」に任命されましたが、真に自分の志していた仕事と思いました。この年金委員に任命されたので年金記録の掘り起しが出来ないかと町内会に働きかけていますが8年前の年金記録問題の関心はもうすっかり消えてしまったかのようです。残念でなりません。